top of page
会社ロゴデザイン copy_page-0001.jpg

紙・生分解性プラスチックを分解促進させる資材

「greevy」

特徴②

畜舎内の悪臭を低減

敷料使用後2日目で、コントロール(もみ殻)ではアンモニア濃度が600ppm/hrまで上昇

しかし、「きびこ」を使用後の畜舎では2日後のアンモニア濃度は200ppm/hr以下!

畜舎内の悪臭を1/3以下にまで抑制!

特徴③

病害菌の増殖を抑制

一般的に現在使用されているおが敷料や堆肥敷料はともに3日目で既に大腸菌が大増殖

​しかし、「きびこ」を使用後の畜舎では

21日後も大腸菌は検出されなかった!

*(株)食環境衛生研究所にて検査

bottom of page