top of page
会社ロゴデザイン copy_page-0001.jpg

REidea
REdefinition
REshare

​「捨てる、を捨てる」

いままで廃棄されてきた「ごみ」を

再度研究し(=REsearch)

新たな価値ある商品を開発(=REdefinition)

開発した商品を世の中に流通させる(=REshare)ことで

「ごみ」に新たな価値をつくります

ニュース

July 2024

日本政策金融公庫が主催するイベントに弊社代表が登壇します

June 2024

Super Star Showrace (SSS/トリプルエス)2024にて準グランプリを受賞しました

April 2024

Climbers Startup JAPAN 2024に出展しました

March 2024

I-OPEN PROJECT23 DEMODAYに弊社代表が登壇しました

February 2024

「善通寺五岳山空海トレイル2024」にて、香川県善通寺市ご協力の元、生分解性紙コップの分解・堆肥化の実証実験を行いました

​(堆肥は「善通寺市市民集いの丘公園」にて使用されました)

February 2024

経済産業省四国経済産業局が主催するセミナーに弊社代表が登壇、トークセッションに参加しました

February 2024

earthkey pitch vol.105に弊社代表が登壇しました

January 2024

弊社が開発してきた畜産資材(一部愛媛県畜産研究所協力)敷料「きびこ」が完成しました

September 2023

NOROSI 2023 Autumn batchに弊社代表が登壇しました 

August 2023

​令和5年度NEXTスタートアップえひめに採択されました

August 2023

令和5年度愛媛グローカルビジネス創出支援事業に採択されました

サービス内容

​市場調査・コンサルティング

​企業や研究機関から「ごみ」に関するコンサルティングの上

市場ニーズに応じた商品・サービスを」提案します

​研究開発

企業や研究機関と開発した商品・サービスを事業に繋げます

ゼロワン事業

​企業や研究機関と今までにない商品・サービスを「ごみ」から開発します

​オリジナル開発資材

*一部商品は開発中です

01

抗菌作用・消臭作用

​備えた畜産動物にも

生産者にも優しい敷料

download.jpg

畜産動物のベッド「敷料」には木材チップが多く使用されているものの「木質バイオマス」との価格競争になっています

AWの観点からも敷料の使用がマストなため価格競争にならない未使用資源を活用した敷料を開発しました

(一部愛媛県農林水産研究所の試験協力)

02

抗酸化作用を備え持つ

今までにない新しい

​飼料・飼料添加物

「飼料」「飼料添加物」が価格高騰の中、安全安心な

​且つ効果のある飼料添加物の開発が急務です

メタン排出抑制やヒートストレス抑制など畜産動物に対してのみならず地球にも優しい飼料・飼料添加物を​開発しています​(愛媛大学と共同研究中)

03

​紙・生分解性プラスチックを分解促進させる資材「greevy」

従来、紙素材の製品の分解には約3ヶ月、生分解性プラスチックは「生分解性」にも関わらず分解に半年〜1年以上の期間を要します

​しかし、「greevy」を活用することで、紙成分は約1日、生分解性プラスチック素材を約3〜10日で分解を可能にし効率よく堆肥化・燃料化を行います

04

greevyの分解速度を活用したもみ殻バイオマス原料

もみ殻は日本国内で年間200万トン排出されています堆肥化には約1-2年の期間が、燃料化には、ペレット成形のために粉砕工程が必要です

greevyを活用し、もみ殻を約48時間以内に分解することで効率よく堆肥化・燃料化を行います

photo-1562918105-15a13eef89ff.jpg
お問い合わせ

株式会社wead

〒791-1101 愛媛県松山市久米窪田町337-1テクノプラザ愛媛本館内

〒166-0013 東京都杉並区3丁目3-26

会社ロゴデザイン copy_page-0001.jpg
bottom of page