top of page
会社ロゴデザイン copy_page-0001.jpg

REsearch.REdefinition.REshare

私たちについて

いままで廃棄されてきた「ごみ」を再度研究し(=REsearch)

「ごみ」から新たな価値ある商品を開発(=REdefinition)

開発した商品を世の中に流通させる(=REshare)ことで、

「ごみ」に新たな価値をつくります

ニュース

March 2024

I-OPEN PROJECT23 DEMODAYに弊社代表が登壇します

February 2024

香川県善通寺市にて行われた「善通寺五岳山 空海トレイル2024」にて、紙コップを分解、堆肥化で参画しました

​(堆肥は、「善通寺市市民集いの丘公園」にて使用されます)

February 2024

earthkey pitch vol.105に弊社代表が登壇しました

February 2024

2024年EGFプログラムNEXTスタートアップえひめにて最優秀賞を受賞しました

January 2024

弊社が開発してきた畜産資材(一部愛媛県畜産研究所協力)敷料「きびこ」が完成しました

September 2023

NOROSI 2023 Autumn batchに弊社代表が登壇しました 

August 2023

​令和5年度NEXTスタートアップえひめに認定されました

August 2023

令和5年度愛媛グローカルビジネス創出支援事業に認定されました

サービス内容

​研究開発

​企業や研究機関と今までにない商品・サービスを開発します

​製造

企業や研究機関と開発した商品・サービスを製造し販売します

​コンサルティング

​企業や研究機関が抱える課題に対する解決策を提案します

企業・研究機関それぞれの悩み

企業サイド

・社会のニーズに沿った商品開発がしたい

・会社の未使用資源の良い活用法がないか索したい

・未使用資源の活用についての新しい商品

 発をしたい研究テーマが浮かばない

・研究方法や、タイアップできる研究機関も分からない

​研究機関サイド

・面白い研究がしたいが、社会のニーズにも沿った

 研究がしたい

・世の中に活用される研究がしたい

・企業とタイアップし実用化に繋がる研究がしたい

・面白い研究テーマが思い浮かばない

01

株式会社weadを通じて

企業が抱える課題等を、弊社が直接研究機関と連携し、悩みを解決し得る新しい商品やサービスを開発いたします。

新しい商品やサービスにより、企業は課題を解決し得るのみならず、今までにない高付加価値な商品の製造・販売が可能になります。

さらに、研究機関は、市場のニーズにマッチした世の中に活用される商品やサービスを研究開発が可能になります。

研究機関

​株式会社wead

企業

市場ニーズにマッチした

​研究が可能

【研究シーズ】x【市場ニーズ】

を踏まえた構想・研究・開発

付加価値がついた商品の

製造・販売が実現

02

株式会社weadを通じて

企業が抱える課題等を解決し得るアイデアを弊社が提案いたします。

企業は自社研究所や研究機関にてアイデアを実用化し、今までにない高付加価値な商品の製造・販売が可能になります。​

時代の流れに沿った課題解決策を提案

課題について相談

​株式会社wead

企業

課題に関する解決策

研究テーマを提案

付加価値がついた商品の

製造・販売が実現

03

株式会社weadを通じて

研究機関が抱える課題等を解決し得るアイデアを弊社が提案いたします。

研究機関は、社会のニーズにマッチした研究テーマをもとに研究を進めることが可能になり、産学連携を推進する一助となります。

時代の流れに沿った研究テーマを提案

課題について相談

​株式会社wead

課題に関する解決策

研究テーマを提案

研究機関

市場ニーズにマッチした

​研究が可能

​弊社オリジナル開発資材

抗菌作用・消臭作用

​備えた畜産動物にも

生産者にも優しい敷料

畜産動物のベッド「敷料」には

木材チップが多く使用されているものの「木質バイオマス」との価格競争になっています

AWの観点からも

敷料の使用がマストなため

価格競争にならない未使用資源を活用した敷料を販売します

抗酸化作用を備え持つ

今までにない新しい

​飼料・飼料添加物

「飼料」「飼料添加物」が

価格高騰の中、安全安心な

​且つ効果のある

飼料添加物の開発が急務です

メタン排出抑制や

ヒートストレス抑制など

畜産動物に対してのみならず

地球にも優しい飼料・飼料添加物を

​販売します

​紙・生分解性プラスチックを迅速に分解するオリジナル資材「greevy」

従来、生分解性プラスチックは

「生分解性」にも関わらず

分解に半年〜1年以上の期間を要します

​しかし、「greevy」を活用することで、紙成分は約1日、生分解性プラスチック素材を約3〜10日で分解を可能にします

coming soon

お問い合わせ

株式会社wead

〒791-1101 愛媛県松山市久米窪田町337-1テクノプラザ愛媛本館内

〒166-0013 東京都杉並区3丁目3-26

会社ロゴデザイン copy_page-0001.jpg
bottom of page